施術紹介 | 【公式】豊田市 もみの木接骨院 腰痛 ヘルニアのことなら

施術紹介

トリガーポイントとは?
トリガーポイント施術、筋膜施術で理想のカラダに
効果的に痛みを取り除く施術(トリガーポイント施術)を豊田市のもみの木接骨院で受けることができます。
世の中で訴えのあるほとんどの痛みは、MPS(筋筋膜性疼痛症候群)という筋肉や筋膜がトラブルを抱えた状態です。その中でも筋肉にトリガーポイントという「しこり」ができる事で痛みを出す症状があります。

トリガーポイントが解消されれば、嘘のように痛みが改善しますが、トリガーポイントを抱えたままでは、ストレッチやマッサージも効果が半減するばかりか、治ったと思っても再び痛みを繰り返してしまいます。時には、初めは単なる筋肉痛から線維筋痛症などの重篤な状態に陥ってしまう人もいます。効果的にトリガーポイントを解消し痛みのない生活を取り戻しましょう。


院長は認定講師の資格も取得しており柔道整復師(接骨院の先生)や理学療法士、整体師などにトリガーポイント施術を指導するセミナーも行っています。豊田市内で唯一の認定講師である本物のトリガーポイント施術、筋膜施術で痛みをしっかりと取り除きたい方はぜひご連絡ください。なお、完全予約制となっておりますのでご予約をお願いいたします。

 
痛みの原因は離れたところにある!!
痛みの原因は離れたところにある!!
人が痛みを訴えた時、痛みの原因が訴えたところにある事はほとんどありません。アナトミートレイン(筋膜経線)で示される筋膜のラインに沿って、他から痛みが飛んでくる事がほとんどです。これを関連痛といいます。トリガーポイントは関連痛を引き起こしますが、筋膜のラインに沿って関連痛がでています。ぎっくり腰のお客様は日常多く来院されますが、腰の痛みが強いにも関わらず、腰部以外に原因がある事が多々あります。お客様は皆、痛みが離れたところにあるのを施術中に実感する事でとても驚かれます。
 

 当院は筋膜に対する施術のプロが在籍しております。ここ最近はトリガーポイントに関してもテレビなどで取り上げられる事が増えて、誰もが知っている知識になりつつあります。僕らがずっと行なってきたトリガーポイントを皆に知っていただく啓蒙活動の種が、ようやく実になった感じです。椎間板ヘルニアと診断され、痛みやしびれの症状に悩んで来院されるお客様は、馬尾神経症状などの一部の症状を除いて、ほとんどの症状はトリガーポイントの活性化が原因となっているMPS(筋筋膜性疼痛症候群)です。
 
 
脊柱管狭窄症などで起こる「間欠性跛行」や事故などの「むちうち症状」もトリガーポイントから起こるモノが多く見られます。手術は最終手段ではありません。手術をしたから治る訳ではありません。むしろ手術をしないでも治る症状も多くあるので、手術をする事に疑問を感じてしまいます。レントゲン画像だけみて診断をし、湿布を出して「お大事に」。そんな治療もよく目にします。お客様にとってはとても不幸な現実です。しっかりと医療の問題点を見直し治療を行っているドクターも多くいらっしゃいます。病院などの医療機関を批判しているのではありません。医療の現場で行われている西洋医学の最大の問題点だと思っています。
 

 当院では、トリガーポイント治療と合わせて、体の筋膜の繋がりを用いて効果的に痛みの改善を行います。トリガーポイントは湿布で容易に改善はしません。筋膜は全身に様々な繋がりを持って存在しているので、筋膜の繋がりを利用して痛みを改善すると、原因の筋膜に関連する症状が同時に改善します。
 

痛みをただ単に揉んでごまかす施術は一切しておりません。痛みに対してしっかりとした変化を出し、短期間で治っていただく事で、通院に使う時間をご自身の大切な時間に使っていただく事が僕らの願いです。ダラダラと治らない施術を行なう事は、時間もお金も無駄にしてしまいます。当院のトリガーポイント療法・筋膜療法で、スッキリ痛みの原因を治しましょう。
 
当院の施術理念・施術理論
当院の施術理念・施術理論
当院では早期回復、早期復帰を理念として日々の施術を行っております。痛みの慢性化を防ぐには、なるべく早く痛みを消失させる事が大切です。慢性痛は急性痛と同じ除痛方法では取り除く事ができない場合が多くあります。
 
これは患部の損傷以外にストレス(不安、抑うつ、怒り)が大きく関係してくるからです。「特にストレスは感じてないんだけど・・・。」と言われる事がありますが、痛みを長く抱えている事自体がストレスなのだと思います。

下図に見られるように、痛みが一定期間持続する事でストレスを感じ交感神経を興奮させます。その結果、血管の収縮などを起こし局所の乏血、組織の酸欠を起こします。またそれが発痛物質を生成し痛みを感じさせます。痛みを感じた事によりさらに交感神経が興奮し続け、悪循環のサイクルが永遠と続きます。
この悪循環を繰り返さない為にも 初期の段階での痛みのケアが必要 になります。たかが筋肉痛と軽視していると、治り難い痛みへと変化してしまう事もあります。日頃から自宅でできるセルフケアも大切だと考えています。
 
当院では早期に痛みを取り除く為、 トリガーポイント治療・筋膜治療 を行っております。

トリガーポイントは、『筋肉内にある刺激に過敏な箇所に認められる索状硬結中に触知できる過敏な小結節と関連がある。その場所は圧すると痛く、特有な関連痛や関連性の過敏、運動機能障害あるいは自律神経症状を生じる』と定義されている。簡単に言えば、 筋・筋膜の中にできた押さえると痛い硬くなったポイントの事。トリガーポイントは筋肉の柔軟性と筋力を低下させ、患部の固有受容器(筋・腱・関節・内耳に存在し、筋の収縮の程度・腱にかかる張力・関節の位置・頭部の傾き・頭部の位置などの固有感覚と呼ばれる感覚を発する受容器)を混乱させます。
 
 
【Trigger point Therapy for Low Back Painより】
一般的に椎間板ヘルニアなどでみられる坐骨神経痛もトリガーポイント理論で考えると、上図の様に小殿筋(しょうでんきん)などのトリガーポイントが活性化される事でみられる症状です。

椎間板ヘルニアを代表とする神経が圧迫されて起こるとされている疾患は、筋肉内に存在するトリガーポイントが原因です。
現に、椎間板ヘルニアは痛みを訴えていない健常人にも多く存在しています。
 
「MRIなどで撮影した際に痛みの近くにたまたまヘルニアが存在していた」と解釈できます。ヘルニアの症状として注意しなくてはならないのは麻痺症状(馬尾症候群)です。一般的に麻痺と痺れは同じものという解釈がされますが全く別ものです。麻痺は感覚が無くなったり、思う様に動かせない病体、痺れは逆に感覚がしっかりとして「ビリビリ」、「ジンジン」とした感覚をしっかりと感じています。この2つの症状は真逆の症状です。
 
麻痺は無く、痺れが出ているだけの病態ならばトリガーポイント治療で十分に症状の改善が期待できます。

当院では、手技や電気治療器を用いてこのトリガーポイントを効果的に改善します。
 
 
 
筋膜治療
筋膜治療とは
人の体には筋膜と言われる膜がいたるところに存在します。
骨格だけが体を支えていると思われがちですが、筋膜の存在無しでは姿勢を維持する事はできません。筋膜は骨、筋肉、内臓、血管などを覆い、体の表層から深層までを膜のテンションで支えています。
 
筋膜は頭の先から足の先まで様々な繋がりを持っており、筋膜ライン(筋膜経線)を作っています。当院ではトラブルを抱えた筋膜ラインをしっかりと確認し治療していきます。
 
 
下の写真のおもちゃは筋膜のテンションと同じように、ゴムのテンションで形を維持しています。棒状の支柱だけで形を支えている訳ではありません。
 
 

人の体も骨格のみが体を支えている訳ではありません。筋膜と骨格が存在する事で張力を生み出し体を作っています。

筋膜がうまく機能しなければ骨格も歪み、姿勢が歪んだり、痛みやシビレ、ハリ感などの違和感を作ります。

筋膜の存在は体にとってなくてはならないのです。この筋膜の繋がりをしっかりと理解した上で施術を行なっております。

 

痛みのある部位に原因があるとは限りません。

 

むしろ痛みのある部位に原因がない事の方が多いのです。病院などでレントゲンやCT、MRIまで撮ったのに原因が特定されない事はよくある事です。痛みのある部位だけにフォーカスして見ていても状況の改善はできません。

 

体の痛みを筋膜ラインで捉える事で、どこに行っても改善する事がなかった痛みを早期に改善する事が可能になります。

 
柔道整復師として
柔道整復師としての本来の業務もしっかりと!
 

骨折・脱臼(こっせつ・だっきゅう)

接骨院は骨折・脱臼を施術する事が国家資格の下で許可されています。しかし、整形外科ではなく接骨院で骨折・脱臼の治療ができる事を知らない患者様も多くみえます。骨折・脱臼の応急処置としての整復(骨の位置を元に戻す操作)後は病院にて確認、接骨院にて施術を行う事を医師に同意してもらう事が必要です。この同意は書面でなくとも、医師に「接骨院で続けて治療をしていってください」と言っていただけるだけで可能です。当院では骨折・脱臼をはじめとする様々な症状に対して、医師の診察が必要な場合には提携している整形外科にご紹介いたします。また、骨折・脱臼の施術時にはアキュスコープ・マイオパルスを使用する事で、通常の治癒日数を遥かに短縮する事が可能になります。



捻挫・打撲・挫傷(ねんざ・だぼく・ざしょう)

捻挫・打撲・挫傷の施術は『いかに早く何処に何をしたか?』によって治癒日数が変化します。「試合の予定がある」、「今後もスポーツを長く続けたい」、「一日でも早く痛みを取り除きたい」こんな人は、迷わず来院ください。早期に患部の炎症を最小限に抑える事で、結果的に治癒日数を減らし、しっかりした施術により関節等の不安定性を残さず、早期回復を実現する事が可能になります。当院では、手技と共にアキュスコープ・マイオパルスにて早期回復を実現していきます。

 
肩こり・腰痛
国民の悩み「肩こり・腰痛」
国民の皆様が悩まれている症状で、1位・2位を占めているのが肩こり・腰痛です。
こんなに多くの方が悩まれているにも関わらず、スッキリと改善できるところが少ないのも悩みの一つです。
接骨院では健康保険を使用できる症状はケガのみです。
慢性的な症状である「肩こり・腰痛」では健康保険を使用する事はできません。
当院では、自由診療にて「肩こり・腰痛」をしっかりと管理し痛みを改善します。
施術前と施術後で体の変化をしっかりと感じていただけると思います。
筋膜の繋がりをしっかりと理解した上で、皆様のお体をケアさせていただきます。
瞬時に痛みの出ない状態を作る事ばかりでなく、痛みの出ないお体を作るお手伝いをさせていただいております。
一度のみの施術で症状が改善しても、多くの場合は戻りがありますので、しっかりとそちらも含めて施術をさせていただいております。
基本的に経過を追わないとお体の変化や改善の経過を判断できない為、2回目の予約をお取りいただいております。